太陽光発電所「エコー(超音波)」診断

目視できない杭の打ち込み状況
がポイント。

打ち込みが不十分な場合、
倒壊することも。

約4年前は太陽光発電用架台の規格も現在よりも
基準がゆるく、現在の規格に合わせると
強度不足となる部分もあります。

太陽光発電所エコー(超音波)
診断とは

超音波を利用した非破壊検査により、太陽光発電所運営のポイントとなる杭の打ち込み状況を測定する業界初サービスになります。
測定機器(手法)は国土交通省技術登録済のため安心です。

こんな方におすすめ

  • 売却を検討
  • 自分の太陽光発電を
    1、2回しか見てなく不安
  • 大雨や台風による
    影響が心配
  • 契約中のメンテナンス会社に
    不信感
  • 状況はちゃんと把握したい
  • 漠然とした不安がある
近年の異常気象の多発
近年の異常気象の多発
周辺との共生は何より重要
周辺との共生は何より重要

正しく設置されていれば、通常強風が吹いてもパネルが飛ばされることはありません。
しかし、初期の設置不良や、経年劣化がある場合は危険です。
パネルが飛ばされ近隣住宅や人に危害を与える可能性もございます。
そんな不安をお感じでしたら、是非一度お問い合わせください。

サービス開始記念価格

ご報告書・サンプル

調査結果・報告書
調査結果・報告書
解析結果・評価
解析結果・評価
機器性能比較測定波形 資料
機器性能比較測定波形 資料

実施の流れ

  1. 01

    お問い合わせ

    まずは、メールかお電話でお問い合わせください。

    お問い合わせ
  2. 02

    専門スタッフよりご連絡

    必要書類などのお打ち合わせをさせていただきます。
    必要書類 ▶︎ 契約書/施設利用許可書/ヒアリングシートなど

    専門スタッフよりご連絡
  3. 03

    現地にて調査

    専門スタッフが現地にて調査いたします。

    現地にて調査
  4. 04

    報告書のご提出

    弊社担当者が貴社へお伺いし、報告書を提出いたします。
    ※必要がある場合は、現地にてご報告いたします。

    報告書のご提出

よくあるご質問 Q&A 疑問にお答えします

Q どんな方が利用しているの?
A 太陽光発電所を所有の企業様、個人様になります。特に今まで所有の発電所をあまり見に行けない方がご自身の発電所の状況を確認したく、ご利用頂けるケースが多いです。
Q このサービスの利用目的は?
A 様々です。単に現状を把握したい方から将来の売却に向けての参考資料としてご利用される方まで様々です。
Q この測定の根拠は?
A 国土交通省にて認可された超音波測定による非破壊検査での調査報告になります。公共工事(特に標識等)に採用されている測定方法の為安心です。
Q 今管理をお願いしている会社に頼みたいのですが・・・
A 当社専門スタッフは認定資格を有した専門スタッフにより測定をおこなっています。また資格を有していない者では測定は難しくなります。その管理会社との交渉によっては可能な場合はありますので、まずはご相談下さい。
Q 依頼した事実を管理会社には内緒にしておきたいのですが・・・
A 可能です。当社と守秘義務契約を締結することができます。詳細は担当スタッフとご相談下さいませ。

ご利用者様の声